バイヤグラの効果は何でしょう?

バイヤグラの成分である「シルデナフィル」は元々1990年代に狭心症向けに開発された薬でした。後で、臨床試験の中で、男性の勃起不全に改善する効果が見つかりました。そして、勃起不全ED治療薬として販売しています。バイヤグラは世界最初のED治療薬として、効果が人々がわかっています。では、バイヤグラの効果は何でしょうか?本文では、バイヤグラの効果の情報についてご紹介します。

勃起は、脳が性的刺激を感知することで、血管拡張作用を持つ物質「cGMP(環状グアノシン一リン酸)」がペニスの中で増加し、海綿体に血液が流入して起こります。そして、性的刺激がなくなるとcGMPを分解する酵素「PDE5(ホスホジエステラーゼ5型)」が分泌され、海綿体の血管収縮が起こり、勃起はおさまります。

もちろんバイヤグラはED治療薬なので、飲めば勃起の促進をしてくれます。おそらくほとんどの方が効果を実感するでしょう。なぜ勃起が促進されるかと言うと、バイヤグラを飲むと血流の改善がされるので結果的に勃起がしやすくなるのです。勃起不全に悩んでいる人の大半は血流が悪くなっていることによって症状が出ているのです。バイヤグラの効果はそのことを改善できます。

個人差もあるので、確実なバイヤグラの効果を期待するためには性交渉にのぞむ1時間前には服用しておきましょう。シルデナフィルの血管拡張作用によって勃起を助けるのが本来の薬の効果であり、飲むことで勃起を強制的に起こすわけではありませんし、性的刺激を強めるような催淫薬でもありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です