バイヤグラ現れる副作用と症状は?

バイヤグラの副作用
市販する前、外国で実施された試験823例において、副作用を出るのは261例(31.71%)であります。主な副作用は血管拡張(ほてり、潮紅)125例(15.19%)、頭痛109例(13.24%)、消化不良28例(3.40%)等であった。

国内の場合、臨床試験157例において、副作用を出るのは65例(41.40%)であります。主な副作用は血管拡張(ほてり、潮紅)17例(10.83%)、頭痛17例(10.83%)、CK(CPK)増加9例(5.73%)等であった。

市販した後、アンケート調査3152例において、副作用を出るのは166例(5.27%)であります。主な副作用又は臨床検査値異常は、血管拡張(ほてり、潮紅)97例(3.08%)、頭痛34例(1.08%)、動悸13例(0.41%)等であった。

1%以上 0.1~1%未満 0.1%未満
循環器 血管拡張(ほてり,潮紅) 動悸、胸痛、頻脈 末梢性浮腫、高血圧、不整脈、不完全右脚ブロック
精神神経系 頭痛 傾眠、めまい、昏迷 神経過敏、興奮、異常感覚、下肢痙攣、緊張亢進、錯乱、思考異常、神経炎、神経症、不安、記憶力低下、不眠症、無気力
皮膚 発疹 眼瞼そう痒症、発汗、皮膚乾燥、そう痒症、脱毛症、皮膚障害、紅斑、男性型多毛症
その他 疼痛、熱感CK(CPK)増加 インフルエンザ症候群、血中尿酸増加、BUN増加、リンパ節症、疲労、無力症、血中ナトリウム減少、血中リン増加、体重増加、尿中蛋白陽性、ウロビリノーゲン陽性、尿中ブドウ糖陽性、尿中赤血球陽

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です