バイヤグラの有効成分

バイヤグラとはED(勃起不全)治療の効果がある世界的にも有名なED薬であります。最初販売されるところはアメリカです。原因はバイヤグラにはED薬として初めて開発され、1998年1月のアメリカです。あの時男性にとって夢の薬と話題な薬として日本国内で広がりました。

バイヤグラの有効成分
バイヤグラに含まれる有効成分は「シルデナフィル」という物質です。バイヤグラの場合はシルデナフィルがどのくらい含まれているかで[25mg][50mg]と呼び名が変わります。

シルデナフィルはED(勃起不全) そして肺動脈性肺高血圧症の治療薬であります。ED薬としてはファイザーのバイヤグラ (Viagra) という名称(商標)が、肺動脈性高血圧症の治療薬としてはレバチオ(Revatio)という名称が用いられている。

もともとシルデナフィルは1990年代前半、狭心症の治療薬として研究・開発が始まった。第1相臨床試験において、狭心症に対する治療効果は捗々しいものではなく試験の中止を決めるが被験者が余剰の試験薬を返却するのを渋り、理由を問うた所、僅かであるが陰茎の勃起を促進する作用が認められ、これを適応症として発売されることと言われました。

作用機序
シルデナフィルは生体内で環状グアノシン一リン酸(cGMP)の分解を行っている5型ホスホジエステラーゼ (PDE-5) の酵素活性を阻害する。これは陰茎周辺部のNO作動性神経に作用して血管を拡張させ、血流量が増えることによって機能すると考えられている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です