バイヤグラ現れる副作用と症状は?

バイヤグラの副作用
市販する前、外国で実施された試験823例において、副作用を出るのは261例(31.71%)であります。主な副作用は血管拡張(ほてり、潮紅)125例(15.19%)、頭痛109例(13.24%)、消化不良28例(3.40%)等であった。

国内の場合、臨床試験157例において、副作用を出るのは65例(41.40%)であります。主な副作用は血管拡張(ほてり、潮紅)17例(10.83%)、頭痛17例(10.83%)、CK(CPK)増加9例(5.73%)等であった。

市販した後、アンケート調査3152例において、副作用を出るのは166例(5.27%)であります。主な副作用又は臨床検査値異常は、血管拡張(ほてり、潮紅)97例(3.08%)、頭痛34例(1.08%)、動悸13例(0.41%)等であった。

1%以上 0.1~1%未満 0.1%未満
循環器 血管拡張(ほてり,潮紅) 動悸、胸痛、頻脈 末梢性浮腫、高血圧、不整脈、不完全右脚ブロック
精神神経系 頭痛 傾眠、めまい、昏迷 神経過敏、興奮、異常感覚、下肢痙攣、緊張亢進、錯乱、思考異常、神経炎、神経症、不安、記憶力低下、不眠症、無気力
皮膚 発疹 眼瞼そう痒症、発汗、皮膚乾燥、そう痒症、脱毛症、皮膚障害、紅斑、男性型多毛症
その他 疼痛、熱感CK(CPK)増加 インフルエンザ症候群、血中尿酸増加、BUN増加、リンパ節症、疲労、無力症、血中ナトリウム減少、血中リン増加、体重増加、尿中蛋白陽性、ウロビリノーゲン陽性、尿中ブドウ糖陽性、尿中赤血球陽

 

 

バイヤグラの有効成分

バイヤグラとはED(勃起不全)治療の効果がある世界的にも有名なED薬であります。最初販売されるところはアメリカです。原因はバイヤグラにはED薬として初めて開発され、1998年1月のアメリカです。あの時男性にとって夢の薬と話題な薬として日本国内で広がりました。

バイヤグラの有効成分
バイヤグラに含まれる有効成分は「シルデナフィル」という物質です。バイヤグラの場合はシルデナフィルがどのくらい含まれているかで[25mg][50mg]と呼び名が変わります。

シルデナフィルはED(勃起不全) そして肺動脈性肺高血圧症の治療薬であります。ED薬としてはファイザーのバイヤグラ (Viagra) という名称(商標)が、肺動脈性高血圧症の治療薬としてはレバチオ(Revatio)という名称が用いられている。

もともとシルデナフィルは1990年代前半、狭心症の治療薬として研究・開発が始まった。第1相臨床試験において、狭心症に対する治療効果は捗々しいものではなく試験の中止を決めるが被験者が余剰の試験薬を返却するのを渋り、理由を問うた所、僅かであるが陰茎の勃起を促進する作用が認められ、これを適応症として発売されることと言われました。

作用機序
シルデナフィルは生体内で環状グアノシン一リン酸(cGMP)の分解を行っている5型ホスホジエステラーゼ (PDE-5) の酵素活性を阻害する。これは陰茎周辺部のNO作動性神経に作用して血管を拡張させ、血流量が増えることによって機能すると考えられている。

バイヤグラ利用者からの口コミ

女性用バイヤグラは?・利用者からの口コミと体験談

ラブグラとは女性用バイヤグラですよ!
ラブグラは女性用のバイヤグラで、バイヤグラと同じシルデナフィルを主成分としています。セックスの1時間くらい前に1錠服用すると膣内や外陰への血の流れが促され、膣内に潤いを当たえます。

これによりセックスの際、不感症を改善、女性が感じる快感が増す効果があります。

利用者からの口コミと体験談

30代の女性
「もともと不感症気味で、彼とのエッチの際は、毎回演技していました。
こんなとき、ラブグラを知り、すぐに注文しました。試してみるとあっと思った時にはすごく濡れていました。挿入の際も気持ちよさを実感しました。この日からエッチの楽しさを共有できた喜びと嬉しさでいっぱいです」

30代後半の女性
「飲んでみるとすごく感じるようになりました。驚きました。こんなにクリがパンパンに張っている感覚は初めてでした。最初は飲むだけだと興奮することはありませんでしたが、今は触ってもらっているときのことを思い出して下半身がムズムズしてきます」

40代の男性
「妻に使ってみましたが、こんなすごいセックス初めてと言われました。
特にこっちは普段通りのセックスなんですけどね。」

利用者からの口コミと体験談を見ると、不感症気味の女性、いずれも満足させてくれるということができます。そして、妻や彼女に飲んでもらって、前より満足できるようになったという男性からの口コミも見えます。